事業立ち上げの際に必要な資金調達は事業者ローンで行おう

資金調達の方法を考えよう

事業を立ち上げたりする際に、どうしても必要になってくる資金調達ですが、その方法はたくさん存在します。不動産を担保におこなう「有担保ローン」や銀行などで融資を行ってもらう「銀行融資」などです。そんな中でも、早く資金調達を行わなければいけない人向けなのが、審査が早く行える「事業者ローン」です。

事業者ローンが選ばれる理由ランキング

no.1

審査のスピードが早い

事業者ローンが選ばれる大きな理由として、その審査のスピードです。銀行融資などで融資をお願いした際に、早くても審査には1ヶ月ほどの時間がかかってしまいます。しかし、事業者ローンではその審査が、数日しかかからないため、資金調達方法として選ばれます。

no.2

融資の際に担保の必要がない

融資を行ってもらう際には、担保を求められることが多くあります。しかし、事業者ローンの場合ですとその担保が必要ありません。そのため、不動産などの担保を持たない人でも、融資を受けることができます。また、審査のスピードを早める一番の原因は、この担保評価に時間がかからないからです。

no.3

保証人がいなくても融資してもらえる

融資を行ってもらう際に必要となる連帯保証人ですが、事業者ローンではその連帯保証人がいない場合でも、融資の申請をおこなうことができます。また、第三者保証人だけでなく、身内での保証人も必要ない場合が多いため、保証会社などへの費用もかかりません。

no.4

便利な振込融資が可能

即日融資が行える場合でも、ローンカードが無くては利用できない場合が多くありました。しかし、最近では振込融資をおこなう機関が増えてきているため、契約が完了した場合に指定の口座に振り込んでもらうことができます。そのため、カード発行をしなくても融資が受けられます。

no.5

使い道を問われることがない

資金調達と言っても、その使い道は経営者によって異なってきます。銀行などはそういった細かな点を問われる事がありますが、事業者ローンではその使い道を問うことがありません。そのため、取引先の支払いや納税のための資金など、様々な理由で使うことができます。

事業立ち上げの際に必要な資金調達は事業者ローンで行おう

紙幣

事業者ローンには様々な返済方法がある

融資をお願いした際に気になるのは、返済方法になります。これには様々な方法があり、自分の状態に合わせて方法を見つける必要があります。たとえとして100万の融資をお願いした際に、「元金一括返済方法」を選んでしまうと、融資してもらった金額を一括で返済する必要があります。それでは大きな負担となってしまうため、「元金均等返済方法」と選択することで、分割で返済していくことができます。

事業者ローンのデメリットもきちんと把握する必要がある

利点などを知れば知るほど使い勝手のいい事業者ローンですが、きちんとデメリットも知っておく必要があります。その一番の理由として、銀行融資などと比べると金利が高くなる点です。これは事業者ローンの最大の弱点ともいわれています。また、融資上限額と表示されますが、この金額は利用可能額ではありません。多くの事業者ローン会社は融資上限額が500万とされており、企業の情報を見てから、さらに減額されることがあります。

きちんとしたやりくりをおこなうことが大切

事業者ローンなどの簡単に利用できる融資は、融資金額が低かったり、金利が高くなったりします。しかし、資金調達を急いでいる人には大きな支えとなってくれます。そのため、事業者ローンに頼るのではなく、つなぎ資金として考える事で、余裕を持った返済が可能になります。

広告募集中