老人

更年期はサプリメントで緩和する【ホルモンバランスの安定化】

女性の自然な体の変化

家族

サプリメントによる対処

更年期とは閉経を迎える前後5年の時期をいいます。この時期は女性ホルモンであるエストロゲンが減少するため更年期障害と呼ばれるさまざまな体調不良や症状がでてきます。主な症状は顔のほてりやのぼせ、動悸、息切れ、多汗、頭痛などの体調の変化をはじめ、やる気の低下など精神的にも変化があります。その更年期障害の症状に対処するために数多くのサプリメントが出ています。更年期障害に効果のある成分と言えばエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボン、ホルモンバランスを調整する働きがあるマカ、女性ホルモンの減少を抑え生産を促進する働きを持つプラセンタが代表的です。これらの成分を含んでいるサプリメントがあり、更年期障害に悩む人たちが多く摂取しています。

誰でも抱える可能性がある

更年期は年を取れば誰にでも訪れる自然なことです。毎年約80万人から90万人の女性が閉経すると言われています。そのため更年期障害に悩む女性の数も絶えずいるわけですから、今後も症状を改善したり緩和したりするサプリメントの需要は減ることは考えにくいです。また、以前よりも更年期障害に対する理解や知識が増えているため症状に対して取り組む人も増えています。そのため、今後も更年期障害に効果がある栄養成分の研究や調査は進められると予想されます。また、更年期障害と言ってもその症状はさまざまで人によっても異なるため、サプリメントによって着目している点が異なります。ですから、これからもさまざまな症状に対応する成分を含むサプリメントが開発され商品化されていくでしょう。